薬剤師になるべく大学に通う松岡哲也

国公立大学の薬学部に在籍している松岡哲也氏は、現在大学4回生です。日本の薬学部は、4年制と6年制の2種類あります。松岡氏は薬剤師の資格を取得するために6年生の薬学部に在籍をしています。平成18年の薬剤師試験の改正により、資格取得試験に合格することは大変難しくなっています。薬剤師になるためには必要不可欠な資格なので、毎年多くの学生が挑む国家試験となります。この試験に合格するために、松岡氏は国立大学に入学し薬剤師のための勉強を日々行っています。

松岡哲也氏が薬剤師を志したのは中学生の時です。何か人の役に立つ仕事をしたいと考えた松岡氏は、必然的に医療関係の仕事をしたいと考えるようになりました。薬剤師を志すのきっかけとなったのは、最近増えている院外処方のため、薬局に薬剤師が常駐しており、そこで薬剤師を知ることができたことです。

希望の大学に現役合格することができて、大変喜んでいた松岡氏ですが、大学生活はとても大変です。レポートや研究、そして試験勉強も行わなければならないため、バイトをしている時間がなく毎日勉強に追われいます。

松岡哲也氏は、不動産業を経営している両親のもとに三男として生まれました。すでに兄弟は両親の会社に就職しており、同じく両親の会社に就職するはずが、中学生の時に薬剤師を目指すことを決意したために1人だけ違う道を進むことになりました。

松岡哲也氏が住んでいた地域の環境は、学習塾が多くあり受験勉強をするのは当たり前な環境となっていました。そのため、薬剤師を目指して勉強するには恵まれている状態となります。松岡氏は県内でも優秀な進学高校に入学することができ、現役で国公立大学の薬学部に合格することで、薬剤師になる道が開けることになります。

最近では、長期休みの際に給料の良いアルバイトをする余裕が出てきていますが、長く続けることができないため、休みのたびにアルバイトを探すのに苦労しています。毎年90%以上と国家試験の合格率が大変高い実績を持つ国立大学に入学をしたことで、有利な試験勉強ができています。

松岡哲也氏は薬剤師の資格を取得することで、将来的には調剤薬局のある大手の公立病院に就職したいと考えています。そのため松岡哲也氏は、薬剤師の国家試験の合格のための勉強以外に公務員の試験に合格するための勉強をスタートさせることが必要な状況になります。両方の試験勉強を上手に行うことが現在の松岡哲也氏の重要な課題です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 本格的なエステを受けたいと思っている人もいることでしょう。街中にはさまざまなエステサロンがあるので、…
  2. グローバル化が進み、世界が身近になった世の中では、英語の役目はますます高いものになっていくことでしょ…
  3. デザイナーの徳永祐助は旅行が趣味ということもあり、ホテルに宿泊する機会がとても多いです。日本国内のホ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る