サービスを魂に込め〜インフィリック

2005年に東京で誕生したインフィリック株式会社というところがあります。
この会社の代表である清水優の趣味はたくさんあるようです。その中でもオートバイが好きということですが、特に好きなのは昔ながらのオートバイであると語っています。

どうして昔ながらのオートバイなのかということですが、実際今の時代に作られたものの方が全体的な性能は上です。しかし、職人気質の魂が入っているところが好きであるとのことです。(http://www.infilic.co.jp/shimizu/?p=3)

こうした好みを持っているインフィリックの清水優ですが、こうした好みが仕事の理念にも反映されていると言ってもいいでしょう。
インフィリック株式会社は、お客様が本当に求めていることをサービスとして提供することが大事なことであるとしています。
要は、サービスの中に魂を込めてお客様に提供することと言えるわけで、オートバイと同じく生き残っていくためにとても大切な要素であると言えるわけです。知らず知らずのうちに、趣味と会社の理念が一緒になっているところは素晴らしい点だと言えます。

また、清水優が目指しているのは、どんなに偉い人が決めたことだったとしても、それが顧客や自社組織全体にとって良いことでなければ切り捨て、
本質的なものに変えていくことができる組織です。
昔ながらの物が好きでありながら、前に進むために、お客様への満足のためにそれを切り捨てることができる勇気を持った会社であることもまた素晴らしいことです。
どんな会社であっても、先人が作り出したシステムを壊す、改変することにおいては戸惑いを持つものですが、よりよいものを作り出すための方法の一つとして捉えることにより、それを実現しているわけです。
こうした思考があってこそ、会社が発展していくと言えますね。歩みを止めようとしない会社だからこそ、今の成長があると言っても過言ではないでしょう。

代表の清水はこう語ります。
上司の指示だからやるのではなく、昔成功したやり方だから今もやるのでもなく、昔失敗したやり方だから今もやらない・・・ではいけない。
自分で考えた今最善だと思う方法を選択し実行することが大切だと。

インフィリック株式会社
http://www.infilic.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は、近年急成長を遂げる注目企業のひとつです。他の様々な企業と連携をとって画期的なプロ…
  2. ANAクラウンプラザホテル京都の取締役社長をつとめる中山永次郎氏。京都全日空ホテルをはじめとし、日本…
  3. 年齢を重ねるにあたって代謝などが悪くなってきますので、身体にさまざまな症状が発生してくることでしょう…
ページ上部へ戻る